No.5

株の学校 カブックス

概要わかりやすく親しみやすいスクールです
科目銘柄選択の基本と買いポイントのルール、株式投資等
料金¥216,000円~(約3ヶ月)
講義形式直接講義とオンライン
無料体験(セミナー)の有無有(無料の体験セミナーの受講が可能で、全6回の無料動画セミナーも視聴可)

基本情報

運営会社株式会社オービー
所在地〒453-0053
愛知県名古屋市中村区中村町2-17-601
URLhttps://openingbell.net/
事業内容教育関連
設立・沿革2010年8月16日
設立

2019年8月13日
社名を株式会社オープニングベルから株式会社オービーに変更

資本金3,000,000円
従業員数1~5名未満
講師数3名
入学金
コース・スタンダードコース
・エキスパートコース
コース料金・スタンダードコース:216,000 円(税込)
・エキスパートコース:480,000 円(税込)
講義形式教室講義
オンライン講義
無料講座体験の有無〇(無料動画セミナー)

 

株の学校 カブックスの特徴

これから、株の学校カブックスの特徴を見ていきましょう。

実践型の講義

株を学ぶには、株のスキルを身に着けることも大切ですが、実践することが一番大事といわれています。実際に経験することがスキルアップへの近道といわれていますが、株の学校カブックスでは、実践を重んじているため、実践型の講義内容となっていることが特徴的です。
実際に実践を繰り返すことで経験を積み、それが自信となっていき、経験することで新しい発見があり、1つ上のステップに目線が上がって行くでしょう。

「空売り」についても教えてくれる

株を長くやっていくには、保険(リスクヘッジ)をかけていくことが多いです。
不意の暴落に巻き込まれたとしても、利益がでるように保険をかける必要がありますが、それを空売りといいます。
実際に空売りを活用している人は、日本ではたったの5%くらいしかいないといわれていますが、カブックスでは買いだけではなく、空売りも「必須科目」として伝授していきます。
そこが他にはない、カブックスの特色といえるかもしれませんね。

講師の全員が現役の個人トレーダー

カブックスの講師は全員が現役個人投資家で、日々相場に向き合ってトレードしており、いかなる場合も利益を出せるように努力しています。
講師陣は、実際に利益を出し続けているスキルと経験と実力のあるトレーダーばかりですが、それも株の学校カブックスの大きな特徴といえるでしょう。
またカブックスの講師陣は株のスキルだけでなく、人柄にまでこだわっているので、受講生たちからもカブックスの講師たちは親しみやすいと評判とのことです。

コンテンツの豊富さ

株の学校カブックスはコンテンツの豊富であり、初級者向けのスタンダードクラスから、中級上級者向けのエキスパートクラス(スタンダードコースを修了した方のみ対象)が揃っております。
スタンダードクラスは、これから株を始めていく方に最適な内容となっており、エキスパート講座は更なるスキルアップが望めます。
実際エキスパートコースを受講することで、株式投資に必要な知識が付き、日々変化していく相場に対応することも可能になり、いずれはご自身だけで様々な判断ができるかもしれません。
どのカリキュラムを選んでも、受講期間中は何度でも受け放題なことは、嬉しい特典ではないでしょうか。

株の学校 カブックスの口コミ

  • チャート分析の指導が本当に素晴らしいです。
  • トレードのルールはよく理解できるようになり、2倍くらいの利益が出ました。カブックスは株式投資でテクニカル分析を身につけたい方は推薦します。
  • 有料コースへの誘導がしつこく、断るに断りにくい雰囲気がでていました。
  • スクールに通いましたが、株で負けてボロボロです。
  • 具体論はまるで無く、指摘すると謝罪はしてくれますが、返金はしてくれないです。逆に素人の生徒たちがよく教えていました。
  • カブックスのメールマガジンに登録したのに、他の会社からもメールが来ました。内輪で顧客を回して、利益を得ている可能性があるのではないでしょうか?

まとめ

百聞は一見に如かずといいますが、講義の中で実践しながらスキルを身につけていくカブックスの学習方法は、初心者にも優しく、上達スピードが早そうですね。
カブックスについてもっと知りたい方や雰囲気を知りたい方は無料動画セミナーへ、詳しい話を聞いてみたい方は体験セミナー(会場とオンライン両方に対応)へ参加してみてはいかがでしょうか。

<<株の学校カブックス公式サイトへ>>


株式投資スクール比較ランキング

  1. No.1 ファイナンシャルアカデミー

  2. No.2 株式スクール冨田塾

  3. No.3 株式・資産形成実践講座

  4. No.4 グローバルファイナンシャルスクール(GFS)

  5. No.5 株の学校 カブックス


おすすめ記事