株式投資の勉強は基礎が肝心!初級者~中級者におすすめな勉強法

これから株式投資をしたい人、またはさらに儲けをだしたい人は「どのように勉強したらいいの?」と思っていることでしょう。

特に株式投資の初級者であれば、基礎知識の勉強が大事です。この記事では、株式投資の勉強方法を中心にご説明します。また、勉強方法のひとつとしておすすめの投資スクールもご紹介していますので、参考にしてください。

株式投資の勉強は基礎が最も重要!

株式投資の勉強は基礎が最も重要です。ここでは、株式投資の基礎知識をおさえて置くべき理由や特に重要な基礎知識についてご説明します。

基礎知識を押さえておくべき理由

株式投資と聞いて、「難しそう」「危険なもの」などと思う方もいます。実際のところ、株式投資は、危険なものではありません。しかしながら、基本的な知識を身につけないまま、取引をすると大きな損失をだす可能性があります。

よって、株式投資の基本知識をおさえることが大事です。当然ながら株式投資の特徴や銘柄の選び方、取引方法など、網羅的な知識やスキルを身に着けることが必要となります。

次章では特に重要な基礎知識をご紹介します。

特に重要な基礎知識

株式投資において、特に重要な基礎知識は以下の5項目です。

株式投資のメリットや利益がでる仕組み

株式投資のメリットは、取引をすることで利益がだせることです。また、FXなどの金融商品よりも取り組む難易度も低いといえます。利益を得る仕組みとしては、株式の売買による利益と配当金、株主優待があります。配当金や株主優待は銘柄によって異なるため、事前に調べておく必要があります。

リスクは自己責任

株式投資に限らず、投資や資産運用におけるリスクは自己責任となります。そのため、株式の取引で損失が出ても、企業が補填してくれるわけではありません。配当金や株主優待に関しても、企業の業績によってでないことも考えられます。リスクをおさえた投資は可能ですが、リスクをゼロにすることはできませんのでご注意ください。

少額での取引も可能

株式投資は100株や1,000株を1単元として取引することが多いです。たとえば、株価が5,000円の銘柄があった場合は50万円の資金が必要になります。このような特徴から、株式投資は資金がないと取り組めないと思っている方もいます。しかし、証券会社や銘柄によっては1株単位、もしくは金額指定で株式の購入が可能です。少額の資金であっても株式投資に取り組めますので安心してください。

現物取引と信用取引

株式投資の方法には、現物取引と信用取引があります。現物取引とは、用意した資金(現金)で株式の取引を行うことです。信用取引は、証券会社に担保となる資金を一定額預けることで、株式を借りて取引することが可能です。信用取引であれば、高く売った後に安く買い戻すことで、利益を出すことができます。つまり、下がり相場でも利益がでる取引方法となるわけです。信用取引は借りた以上の金額を返すリスクもあるため、投資初心者には向かないといえるでしょう。この2つの取引方法の違いを知っておくことは、損失を増やさないためにも大事です。

短期投資と長期投資

株式投資では、株式の保有期間により短期投資と長期投資にわけることができます。短期投資は、デイトレードや数日など短い期間で売買を繰り返して、利益を目指すスタイルです。値動きの激しい銘柄に向く投資スタイルといえるでしょう。長期投資は、長期間の株式保有により利益を得るスタイルです。企業の将来性を見込んで投資したい場合や、一時的な含み損がでても最終的に資産を増やしたい方に向いています。投資初心者であれば、長期投資を軸に学習を進めて短期投資に挑戦するスタイルが適するでしょう。

以上の5項目がおさえておきたい内容です。ぜひ、ご自身でも各項目について学習を進めてみてください。次章では、具体的な勉強方法をご紹介します。

株式投資のおすすめ勉強法【初級者編】

ここからは、株式投資の初級者編の勉強方法をご紹介します。初級者は本やセミナーへの参加、Web検索などに取り組んでみてください。

本から学ぶ

株式投資に関する書籍は、書店で幅広く取り扱っています。また、近年では電子書籍も普及していますので、スマホやタブレットから簡単に購入することも可能です。1冊あたり1,500〜2,000円程度で購入できるため、比較的安く株式投資の勉強ができるでしょう。

書籍を選ぶときは、「入門編」「初心者向け」などの文言がタイトルに含まれているものを選んでみてください。株式投資に関する書籍は、ファンダメンタル分析やテクニカル分析、各指標の紹介、売買のタイミングなどについて解説していることが多いです。

書籍による学習はコストをおさえて自分のペースで学習できる反面、学習のモチベーションを維持できるかがポイントです。わからないことがあっても基本的に自分で解決する必要があり、途中で挫折する方もいます。

自分なりに学習計画などを立てて、継続して勉強できるように取り組んでみてください。

セミナーに参加する

株式投資に関するセミナーは、主に投資スクールが開催しています。投資スクールは、投資に関する知識を学ぶ場所であり、セミナーでは基本知識を勉強することが可能です。

投資スクールが開催するセミナーは、スクールの体験授業の位置付けにしていることが多く、初心者向けの内容で講義をすることがほとんどです。

よって、株式投資の初級者であっても、理解しやすい内容になっています。株式投資をする際の心構えや利益の出し方、投資スタイルなどの基礎が学べるでしょう。費用に関しては無料で開催していることが多く、有料の場合であっても数千円程度で参加できます。

ただし、スクールへの入校をしつこく勧誘してきたり、詐欺や違法行為を行うスクールがあったりします。セミナーについても口コミなどを事前に調べてから参加しましょう。

アプリやWeb検索

近年ではスマホアプリやWebサイトで株式投資の勉強をすることが可能です。無料で利用することもできるため、費用をおさえて学習したい方に適します。

特にWebサイトは、金融や投資関係に強い企業が運営している場合があり、精度の高いコンテンツも多いです。初心者にもわかりやすく図表などを使って解説している記事もあり、勉強しやすいでしょう。

また、アプリを活用するとデモトレードができる場合があります。株式投資では、チャートを確認したり企業情報をチェックしたりする必要がありますが、それらを踏まえてデモトレードで試すことが可能です。

実際に取引する前にデモトレードで取引のコツを掴めれば、損失のリスクをおさえることができるでしょう。

ただし、アプリやWeb検索による学習も独学であり、モチベーションの維持やわからないことをどのように解決していくかがポイントです。

株式投資のおすすめ勉強法【中級者編】

ここでは、中級者編の勉強方法をご紹介します。中級者におすすめな勉強方法は、YouTubeの視聴や雑誌、新聞の活用、オンラインサロンへの参加です。以下でそれぞれの内容をご説明します。

YouTube動画を見る

近年、YouTubeでさまざまなコンテンツが配信されていますが、株式投資に関する動画も多数、更新されています。ときには、金融や投資の専門家が解説しているチャンネルもあるため、中級者や上級者でも参考になるでしょう。

また、YouTubeは動画であることから、Webサイトよりも理解しやすいこともメリットです。理解しにくい点は、何度も巻き戻して視聴することもできます。動画講義のスクールに通っている要領で学習できる点はYouTubeの魅力です。

一方で動画によっては、再生数稼ぎが目的で大袈裟なタイトルをつけていたり、誇大ともいえる内容で投稿していたりする場合があります。YouTubeを活用した株式投資の勉強は、情報収集という程度にしておいたほうがいいでしょう。

雑誌や新聞などを参考にする

株式投資の中級者ならば、雑誌や新聞からの情報収集にも取り組んでみてください。雑誌は書籍と違い、証券アナリストなどの専門家が最新の市場動向や独自コンテンツを掲載しています。

雑誌は執筆者の独自予想や考察、銘柄選定、業界選定など、書籍で収集できない情報を得られる点がメリットです。それから、新聞も株式投資の情報収集には有効です。たとえば、日本経済新聞であれば、さまざまな業界や企業の動向や近況が掲載されています。

株価に影響を与える出来事の情報も豊富に書かれてあり、株式投資の参考になるでしょう。雑誌や新聞も多額の費用をかけることがないため、さまざまな雑誌や新聞で情報収集をしてみてください。

オンラインサロンに参加してみる

株式投資のオンラインサロンでは、さまざまな会員とコミュニケーションをとることで情報交換が可能です。オンラインサロンでは、銘柄分析や、銘柄に関してメルマガなどでの情報発信、銘柄の選定方法といったものを勉強することができます。

数多くのオンラインサロンがありますが、月々4,000〜5,000円くらいが費用の相場となっています。こちらも割と費用は安いものの、良いオンラインサロンかどうかを判断することが大事です。

オンラインサロンを選ぶときは、主宰者や参加者の実績があるかどうかをみておきましょう。また、SNSで情報を発信しているときは、その内容の信憑性を監視してみてください。

SNSはフォロワーなどの確認もできますので、怪しい人と繋がっていないかもみておきましょう。

株式投資を勉強するなら投資スクールへ

株式投資の勉強をするならば、投資スクールがおすすめです。ここではおすすめの投資スクールをご紹介します。

おすすめ投資スクールをご紹介

当サイトの運営者おすすめの投資スクールは以下です。

ファイナンシャルアカデミー

ファイナンシャルアカデミーは、日本では最大級の総合マネースクールとして実績が豊富です。株式投資のコースでは無料の体験セミナーを実施しており、基礎部分を学ぶことができます。

 → ファイナンシャルアカデミーの詳細はこちら

ほかにもさまざまな投資スクールが存在しますが、なかには詐欺行為や違法行為を行っているスクールもあります。

怪しい投資スクールを選ばないためにも、事前に口コミや評判、噂などを調べておきましょう。

まとめ

株式投資は、利益を出すために基礎の勉強が大事です。また、利益を出すことだけではなく、リスクも覚えておくことが大切になります。初級者は、株式投資の概要や利益が出る仕組み、投資スタイルなどを勉強しておきましょう。

勉強する際は、本やセミナー、アプリ、Web検索を活用してみてください。中級者は雑誌や新聞、YouTube、オンラインセミナーなどでの勉強がおすすめです。

もっと効率的に学習したいときは、投資スクールを検討するといいでしょう。投資スクールでは、専門家がわかりやすい講義をしてくれて、不明点にも答えてくれます。この記事ではおすすめの投資スクールをご紹介しましたので、参考にしてみてください。


関連記事


株式投資スクール比較ランキング

  1. No.1ファイナンシャルアカデミー

  2. No.2株式スクール冨田塾

  3. No.3株式・資産形成実践講座

  4. No.4グローバルファイナンシャルスクール(GFS)

  5. No.5株の学校 カブックス


おすすめ記事