株式投資スクールって怪しい?!口コミを参考に詐欺や違法を見分けよう

株式投資スクールについてどのような印象をお持ちでしょうか。「投資に興味があるから気になっている」という人もいれば、「投資スクールって怪しい」と思う人もいるでしょう。

この記事では株式投資スクールが怪しいと思っている人に、スクールの見極め方をご紹介します。実際にスクールに見せかけて出資詐欺のようなことをやっているところがある一方で、真面目に金融知識を教えるスクールもあるので、その見極めはとても大切です。

これから投資スクールに通いたい人、どの投資スクールがいいか迷っている人には参考になる内容です。最後まで読んでいただくと、怪しい投資スクールを選ばなくなります。

株式投資スクールって怪しいの?

投資スクールと聞くと、どことなく「怪しい」と感じてしまうものです。実際のところ、投資スクールは怪しいものなのでしょうか。まずは投資スクールが怪しいかどうかをみていきます。

投資スクール自体は怪しくありません!

結論として、すべての投資スクールが怪しいわけではありません。投資スクールには、受講生の規模や地域などさまざまな違いがあります。近年ではオンライン型の投資スクールも増えており、スクール数が増えてきている印象です。

その多岐にわたる投資スクールのなかには、受講生がしっかりと実績をだしている場合も多いです。ですので、投資スクール自体が怪しいわけではありません。とはいえ、投資初心者や投資スクールに通うことが初めての人にとって、どのスクールを選んでいいかわからないものです。

怪しいスクールかどうかの見極め方は後述しますので、ぜひ参考にしてください。後述する方法以外では、無料受講や無料セミナーの利用を活用して、スクールの雰囲気や講師、教材などを比較するといいでしょう。

また、YouTubeチャンネルにて教材(動画)を視聴することも可能です。さまざまな角度からスクールを比較してみてください。

怪しい投資スクールもあるので注意

健全な運営を行い、受講生にも結果が出ている投資スクールがある一方で、怪しいスクールも存在します。怪しい投資スクールは、受講内容が薄かったりサポート体制が整っていなかったりします。

また、講義型のスクールであれば、受講生に対する講師の対応や態度も悪い時があります。ほかにも料金が他のスクールの同様の講座よりも明らかに割高、申込書など契約関係で説明がなされないなども怪しい投資スクールといえます。

投資スクールは、本受講の前に無料体験や無料セミナーを開催することが多いですが、それも勧誘目的のケースもあります。怪しい投資スクールの特徴は挙げるときりがないくらいです。

やはり、どのスクールを選ぶのか見極めることが大事といえます。

怪しい投資スクールは詐欺や違法行為も横行

怪しい投資スクールは、詐欺や違法行為を行うことがあります。詐欺や違法行為を行う投資スクールは、さまざまな謳い文句や誘い文句で勧誘してきます。勧誘だけでは詐欺や違法行為とは言い切れません。しかし、「勧誘を信じて入校しても損することだけだった」「未来を感じて入会金を支払ったらその後に連絡が取れなくなった」などであれば、詐欺や違法行為の疑いがあります。

以下で詐欺や違法行為につながりやすい、具体例をいくつかご紹介します。

夢や希望を語ってくる

「良い未来を手に入れましょう」「3ヵ月後には必ず毎月50万の利益が出るようになります。」などと希望を持たせるような言葉で入校を誘うスクールは非常に怪しいです。

不安を煽ってくる

最近では「老後2,000万円問題」などが話題になりました。そのような時事ニュースをからめて将来への不安を煽ってくるスクールに注意が必要です。
「ウチのスクールに通えば中長期的な資産運用の方法や必ず伸びる銘柄を教えます。」と勧誘するケースも考えられます。

時事ニュースを巧みに絡める

少し前の話題でいえば仮想通貨があります。「仮想通貨はこれから伸びるのでウチのスクールで学びましょう!」など、タイムリーな話題に絡めて勧誘してくるケースが考えられます。

スクール紹介が目立つ

通学型やオンライン型のいずれにおいても、講義や映像の前後にスクールの紹介が目立つ場合があります。その内容として、前項まで取り上げたようなもので作られているケースでは注意が必要です。希望を語る、不安を煽ってくる内容から誇大広告ともいえるような紹介をしてくる際は注意してください。

友人紹介などの特典が充実している

投資スクールに限らず、塾やスクール業界には紹介制度で特典を用意するケースがあります。紹介制度が詐欺や違法行為ではありませんが、その仕組みがやたら充実しているときは注意が必要です。紹介すればするほど特典がもらえるなど、受講者にとってはメリットに思えます。しかし、それに注力して肝心な受講内容が手薄で、受講料だけが搾取されるなども考えられます。

元本保証を謳っている

投資をするうえで元本保証はありません。しかしながら、「このコースで習ったことを実行すれば元本が減りません」などと謳うスクールは怪しいといえます。

有名人や有名投資家とのつながりをアピールしてくる

スクールのパンフレットや紹介動画などに、有名人や有名投資家が登場してくるスクールも怪しいといえます。著名人との関係から信頼させておいて、受講しても結果がでないなどが考えられます。

以上は詐欺や違法行為を行う投資スクールの特徴です。悪質な投資スクールは、受講者に金融商品を購入させたり別の案件を紹介したりして、悪循環にはまってしまいます。さらには、悪徳業者に個人情報が登録されて、2次被害や3次被害などに遭うケースも考えられます。

上記でご紹介下内容をもとに、投資スクールを精査しましょう。

怪しい投資スクールを見分けるには?

ここからは、怪しい投資スクールの見分け方をご紹介します。自分で投資スクールを見極める際は、口コミサイトやSNSを利用して、受講者や体験者の声を調べることが大事です。では、具体的な方法をみていきましょう。

口コミを漁りましょう

まずはさまざまなWebサイトで検討中の投資スクールの口コミを漁りましょう。投資スクールの口コミサイトや比較サイトは多岐にわたりますので、できるだけ多くのサイトからスクールの口コミをみていきましょう。

なかにはスクール名と評価の星の数だけを掲載している場合もありますが、複数のサイトをみていくと幅広い項目から口コミが掲載されています。いくら口コミを探してもヒットしないときは、なかなか信用できないと判断できるでしょう。

「口コミサイトは信用できない」と感じる人もいますが、その場合は個人ブログも参考にしてみてください。投資スクールの体験講座を受講したときの口コミを掲載しているブログが多数、存在します。

個人ブログによっては、体験セミナーの様子を写真付きで紹介している人もいます。最近では個人でもYouTubeでさまざまな情報発信をしていますので、YouTubeから投資スクールの口コミや受講したときの体験談を拾ってもいいでしょう。

とにかくWeb上から多くの口コミを集めて、判断しやすい状況を作ってみてください。

SNSでリアルな声を調べる

WebサイトやYouTube以外では、SNSからリアルな声を調べることも有効です。ひとつの例としてTwitterから以下のような口コミをご紹介します。

上記のツイートは、実際に違法行為を行った投資スクールの事例がわかります。また、以下のツイートは、詐欺かどうか疑わしい内容です。

このようなSNSへの投稿は、非常にリアルなものです。Webサイト上の口コミサイトでは、なかなかでてこないものかもしれません。

特にTwitterは誰かのツイートに他のユーザーがリツイートしたり返信をしたりするなど、より多くのユーザーが絡みます。より多くの人が絡むことで、情報の信ぴょう性も高まります。

SNSはもはや誰もが利用する手軽なツールであり、効率的なコミュニケーションが図れるものです。それだけによりリアルな声が集まるわけです。その観点からもSNSを利用して投資スクールの口コミを見つけていきましょう。

実際にあった怪しい噂

ここでは、投資スクールの実際に合った怪しい噂をご紹介します。前項で取り上げたツイートでは、「特定商取引法(特商法)」という法律がでてきました。特定商取引法とは、違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的にしている法律です。

投資スクールに当てはめると「確実に稼げるようになります」などと、説明して受講させることがあげられます。前項でもご説明したように、投資に確実な方法はありませんので、嘘の説明として違法行為になるわけです。

なお、「政府広報オンライン」によると、投資詐欺が後を絶たないと紹介されています。公開されている内容を確認すると、やはり「元本保証」「必ず儲かる」「あなただけに紹介します」など甘い謳い文句で勧誘していることがわかります。

60代以上の高齢者が詐欺にかかりやすいとの記載もありますので、ご自身だけではなく家族への注意喚起が必要です。

なお、現在人気を誇る投資スクールにも怪しい噂があります。グローバルファイナンシャルスクール(GFS)は、講義に満足度の高い口コミが見られる一方で、怪しい投資商品を勧誘するなどの噂があります。

不動産販売への誘導や金融商品の販売などをしているという噂もでています。勧誘の際も強引にサインをさせられそうになったなども聞きます。

また、「1銘柄で15%を超える値幅がとれたが、トータルではマイナスだった」など実績がでなかった受講生もいるようです。スクール自体が投資顧問や投資助言をしているとの噂もあがっています。過去にはグローバルファイナンシャルスクール(GFS)のグループ企業が、ファンドを販売していたという情報もあります。

ファンド販売に関しては、金融商品取引業の登録が必要です。悪評がでている以上、グループ会社が金融商品取引業の登録がなされていない可能性があります。このように人気スクールであっても、良くない噂がでている場合があります。十分に注意してスクール選びをしましょう。

※参考:政府広報オンライン

まとめ

現在、さまざまな投資スクールが存在しています。受講者としては、投資や資産運用に関する講座のカリキュラムをこなして、実践に活かすことが大事です。しかしながら、一部の投資スクールは怪しい方法で受講生を募ったり、なかには詐欺などの違法行為を行う場合があります。

怪しい投資スクールを見極めるときは、Webサイトで口コミをより多く集めたり、SNSでリアルな声を調べたりすることが大事です。人気スクールであっても悪い噂が流れているケースもあるため、投資スクール選びの際はしっかりと見極めていきましょう。一方で、真面目に金融知識を教えるスクールもあるので、その見極めはとても大切です。


関連記事


株式投資スクール比較ランキング

  1. No.1ファイナンシャルアカデミー

  2. No.2株式スクール冨田塾

  3. No.3株式・資産形成実践講座

  4. No.4グローバルファイナンシャルスクール(GFS)

  5. No.5株の学校 カブックス


おすすめ記事